« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月の記事

関内駅チカアート市8月 出店募集開始しました

Ekitikaart201603endto08

8月6日(土)、横浜関内駅地下街(マリナード地下街)にて開催する「関内駅チカアート市&手ぬぐいマーケット」、15名限定にて出店募集がはじまりました。会場の半分は手ぬぐいマーケットとなります。
駅チカアート市公式サイトにて募集概要を掲載しておりますので、ご興味のある方は是非ご覧下さい。作家の皆様のご出店、心よりお待ちしております。
※工房暖簾Gallery常設作家以外の皆様もご参加いただけますのでご安心ください。

駅チカアート市公式サイト


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

工房暖簾Gallery手ぬぐいコレクション2016出品募集

S8


工房暖簾Gallery夏の主軸企画「手ぬぐいコレクション」は今年で7年目を迎えます。
昨年同様7月~8月の2か月間にわたり集中的にプロモーションをかけてまいります。
今年は、注染手ぬぐい工房の黒猫舎さんが主催するイベント「手ぬぐいマーケット」との連携によるイベント販売が新たに加わります。
東京会場(入谷)における手ぬぐいマーケットへの出店、工房暖簾が主催する関内駅マリナード地下街における「駅チカアート市&手ぬぐいマーケット」(横浜会場)が新機軸になります。
セレクト作家製品専門のネットギャラリーショップ「工房暖簾Gallery」における販売、
吉田町毎週アート市における毎週土曜日の定期即売、そして毎年大変ご好評をいただいた横浜山手の西洋館(ブラフ18番館)における全手ぬぐい吊るし展覧会は変わらずに1つのパッケージです。
染師、イラストレーター、版画家、デザイナー、ハンドプリント作家、手ぬぐい作家の皆様、オリジナルの手ぬぐいにて是非、本企画へご参加ください。


■企画趣旨
工房暖簾ギャラリー 作家オリジナル手ぬぐいの夏季集中販売

■企画会期
2016年7月9日(土)~9月11日(日)65日間

■販売方法
委託販売

(1)ネット通販
工房暖簾Galleryの特設ギャラリーにて上記期間にわたり販売。
http://www.koubounoren.com/

(2)イベント販売 A~C
A.手ぬぐいマーケット(東京会場)
会期:2016年7月9日(土)
会場:東京都台東区入谷 sooo dramatic!
主催:黒猫舎
★工房暖簾Gallery手ぬぐいコレクションとして出店・販売

B.関内駅チカアート市&手ぬぐいマーケット(横浜会場)
会期:2016年8月6日(土)
会場:関内駅地下ショッピング地下街(マリナード地下街)
主催:工房暖簾Gallery
駅チカアート市公式サイト http://ekitikaart.com/
★工房暖簾Gallery手ぬぐいコレクションとして出店・販売
★黒猫舎による手ぬぐいマーケット横浜会場併催

※駅チカアート市については、手ぬぐいコレクション出品者は特別価格にて単独出店も可(詳細後述)

C.吉田町毎週アート市 工房暖簾Galleryブース
上記期間、毎週土曜日に開催される「吉田町毎週アート市」にて販売
※吉田町の裏路地で2012年より毎週土曜日に開催されるているアート市
 工房暖簾Galleryと提携している吉田町画廊が主催するイベントです。
※野外販売のため雨天時は中止


(3)展覧会でのオーダー
横浜山手の西洋館「ブラフ18番館」にて工房暖簾Gallery手ぬぐいコレクションを3日間(予定)開催し、
ご来場者様からのオーダーを促進します。
すべての手ぬぐいをホール全面に吊るした展示のため壮観な展覧会となります。
夏場に最も売り上げのある青森県の福ふくぞうりもあわせて展示いたします。
昨年展覧会の様子 → スライドショーをご参照ください
http://www.koubounoren.com/board/board.html?code=knoren_data1
※市の条例により会場での即売はできません。

展覧会日程:2016年7月22日(金)~24日(日)
展覧会会場:ブラフ18番館 横浜市中区山手町16番地 JR石川町駅より徒歩5分
※横浜の観光名所・山手西洋館群の建築物です。
5/19~23は工房暖簾Gallery春の展覧会「工房暖簾Zoo」を開催いたします


■広報活動
3/5(土)・6(日)関内駅チカアート市における宣伝
4/23(土)・24(日)吉田町アート&ジャズフェスティバルにおける宣伝
5/19(木)~23(日)工房暖簾Gallery展覧会における宣伝
プレスリリースは、西洋館における手ぬぐい展覧会という特殊な環境も手伝いイベント情報を高確率で取り上げていただけます。

ブラフ18番館
大正末期に建てられた外国人住宅。
平成5(1993)年に、現在地であるイタリア山庭園内に移築復元され、
館内では震災復興期(大正末期~昭和初期)の外国人住宅の暮らしを再現し、
当時の横浜家具なども復元展示されています。
JR石川町駅から徒歩約5分と近く、同じイタリア山庭園の敷地内には「外交官の家」も建てられていることから観光名所の一つとなっています。

<ホール・ギャラリー総面積:78.6㎡>
出品された手ぬぐい全種類を広げて室内に吊るして展示し、ご来場者にはじっくりみなさまの手ぬぐいをご覧いただきます。
春・クリスマス期展覧会の平均入場者数:1日300人~350人


■参加費
2,500円

■販売手数料
手ぬぐい売上額の20%

■吉田町毎週アート市出店料について補足
吉田町毎週アート市は雨天中止となるため参加費の内に固定化できません。
そのため以下の方式にて徴収させていただきます。
お1人の1日の販売額が1000円を越えた場合のみ一律100円
999円以下だった場合は無料・工房暖簾Galleryにて出店料を負担いたします。
天候の影響を受けやすいことに加え、現状では高額の参加費・備品費・運営費が発生するわけではないため今年も前年の方式にならいます。

■出品手ぬぐいのご送付締切
2016年6月30日(木)
※工房暖簾Galleryとの間で生ずる往復送料に関しては、恐れ入りますがご負担いただきます。
※期限スケジュールが厳しい方はお気軽にご相談ください。

■ご用意いただくもの
品名/製法/サイズ/素材/価格/商品紹介文は各制作者にてご用意ください。
※フォーマットあり
撮影用・展覧会展示用にパッケージから出し広げてもよい手ぬぐい1柄につき1枚をご用意ください。この1枚はサンプル品でも販売品でも結構です。
1枚しかない販売品の場合はブラフ18番館における展覧会まで販売いたしません。

■企画特典
(1)工房暖簾Galleryにて一括販売代行
手ぬぐいコレクションに関しては、出品される手ぬぐいをすべてお預かりし一括管理いたします。
そのため、手ぬぐいファンのお客様は、本期間限定で工房暖簾Galleryにて複数作家の手ぬぐいをまとめてご購入いただくことができます。
全国各地の小規模生産手ぬぐいを工房暖簾Galleryでとりまとめて購入できるため、手ぬぐいコレクターに喜んでいただける企画となっています。
また、当方で最も夏場に売れている青森県の福ふくぞうりとセットでのオーダーも入りやすいため福ふくぞうりとのセット購入のアナウンスなどもいたします。

(2)手ぬぐい販売データ用の無料撮影
お預かりした手ぬぐいは、5柄まで無料にて撮影いたします。

※原則として、お一人につき6柄以上の場合は1柄につき100円の撮影料といたします
ただし種類・柄を豊富にお持ちの作家さまにはできるだけ多くの柄でご参加いただきたいのが当方の主旨でございます。
まずはご相談いただければ撮影料については極力ご負担がかからない方法をご提案いたします。


(3)8月6日関内駅チカアート市単独ブース出店について特典
1.5m×1.5mのスペースで手ぬぐいに限らず、オリジナル作品・雑貨なども販売していただけます。
一般の駅チカアート市出店は1ブース2000円にて募集をいたしますが、
手ぬぐいコレクションご参加の皆様は半額(1000円)にて出店していただけます。
ご都合の良い方は是非ご参加ください。
※テーブル・椅子はつきませんのでご了承ください。
※8月の駅チカアート市出店募集概要については、出店価格以外は駅チカアート市の要項に準じます。


お申込方法
①本ブログ【お問合せ】より、お問合せフォームにて「手ぬぐいコレクション2015」とご記入の上お申込ください。
②工房暖簾Gallery榊よりお返事いたします。
③期限までに参加費をお振込みいただき販売情報をご用意ください。
④商品等を工房暖簾Galleryへお送りいただきます。
お申込締切:2016年6月25日(土)


工房暖簾Gallery 榊 剛史
メール : info@koubounoren.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »